元証券マンが利用するおすすめネット証券(仮想通貨、FX)を紹介!

ライフハック

こんにちは。元証券マンのソムタム(@somtam_aroimaak)です。

丸6年在籍した証券会社を退職すると決意して、まず取り掛かったことは、ネット証券の口座開設でした(笑)。

そんなの後々でもできることでは?急ぐことなの?と突っ込まれそうですが、所属していた証券会社と縁を切りたいあまり、急ぎました。

というのも、従業員持ち株会を通じて買っていた自社株が、退職すると証券会社の口座に入ってしまうからです。

退職したらOBとは言えお客さんになるわけですから、当然営業マンのターゲット、餌食にされてしまいます。

証券会社からの勧誘は、かつて自分自身でやってきたこととは言え、好んで受けたいとは思わず、また自社株は古巣への遠慮から特に売りにくいだろうと思い、ネット証券に移管することに即座に決めました。

現在、資産運用は全てネット証券で完結しており、目的に応じて複数のネット証券を使い分けています

そこで、今回は元証券マンの僕が退職後から利用しているネット証券を紹介したいと思います。

また、証券会社に勤務して為替にも詳しくなったことからFXもやってますし、長期投資、分散投資の一環で仮想通貨もやってますので、そちらも少しですが紹介したいと思います。

ネット証券を選ぶ上でのポイント

まず、ネット証券を選ぶに当たって、重視したポイントを挙げておきます。

口座管理料がかからない

ネット証券では口座の維持管理費である「口座管理料」を取るところは少ないですが、当然のポイントとして挙げています。

なお、かつて所属していたような全国に支店を構える伝統的な証券会社は、今もなお口座管理料を取るところが多いです。

手数料が安い、業界最安値水準

手数料の安さもポイントの一つですが、価格競争はすでに一巡しています。

なので、1円でも2円でも安いことを重視するのではなく、業界内で安い部類のネット証券であればOKとします。

数円、数十円にこだわっても、数万単位で損失を出してしまえば元も子もありませんし。

入出金のしやすさ、入出金手数料がかからなければなお可

むしろ、入出金のしやすさや、入出金で手数料がかからないことの方が重要です。

ネット証券では売買に伴う手数料でこそ差別化しにくくなっていますが、入出金の手数料では各社で対応がまちまちです。

下手すると入出金のたびに数百円単位で手数料がかかってしまうため、慎重にいきましょう。

利益が出たタイミングや配当金が入ったタイミングで出金したくなるのが証券ですので、確認しておくのが良いです。

手数料体系が明確、調べたらすぐ分かる

そうした売買に伴う手数料や、入出金の手数料が明確であることも、ポイントの一つです。

後々確認したくなる時に分かりづらいのは、大変困ります。

投資情報が充実している、投資情報の取得ツールとしても使える

ネット証券は顧客の囲い込みのために、さまざまなサービスを開発、提供しています。

相場の見通しやファンダメンタル分析、テクニカル分析などの手法を教えてくれるセミナーのほか、本来は有料であるはずの投資情報やニュースサイトが無料で提供されたりします

どうせ口座を持つなら、ネット証券を投資情報の取得ツールとしても活用したいところです。

使い勝手がよい、デイトレーダーが使ってそうなカッコ良さがある

個人の好みによりますが、取引ツールの使い勝手もポイントの一つです。

口座を開設したはいいけど、使いづらくてログインする気にもならない、ということがないように、最低限の使いやすさはマストです。

デイトレーダーなどにも支持されているような取引ツールが初心者にとっても使いやすいわけではありませんが、多くのユーザーが利用しているツールは洗練されている傾向があると思います。

運営母体に安心感がある

ネット証券での不祥事は最近あまり聞きませんが、仮想通貨の取引では不祥事が相次いでいます。

ネット証券でも今後もシステムトラブルなどの不祥事は起こり得ると考えておいた方がよく、最終的には運営母体の経営姿勢が問われてきます。

その点、運営母体が歴史もあって知名度もある企業であったり、大手企業がバックアップしていれば、安心して取引を行うことができます。

大手企業グループに属していたり、東証1部に上場する企業が関与しているなど、運営母体も十分考慮すべきです。

東証1部上場の丸三証券が運営する「マルサントレード」

知名度はあまり高くありませんが、知る人ぞ知る東証1部上場の老舗証券会社「丸三証券」が運営しています。

2ヶ月間株式手数料が無料!マルサントレード

口座開設から2ヶ月間手数料が無料という太っ腹のサービスをやっており、初心者で手始めに投資をしてみたい方にはおすすめです。

3ヶ月目以降も安くて定率の手数料が分かりやすく、気に入れば継続利用も十分ありです。

初心者には定期的に開催されている無料の株式セミナーが嬉しいと思います。

また、「つみたてNISA」にもしっかり対応しています。

日経テレコン(丸三証券版)で日経新聞や日経産業新聞などが読めるため、僕はほぼ毎日ログインしています。

なかなか良いサービスをしてくれています。

Tポイント投資や端株投資で使いたい「SBIネオモバイル証券」

SBI証券とCCCマーケティングが共同出資してできた証券会社で、「Tポイント」を使って投資ができる業界初の証券会社として話題を呼んでいます。

Tポイントで始められる投資【SBIネオモバイル証券】

取引に応じたTポイントの付与や、Tポイントを使って金融商品が購入できる「Tポイント投資」のサービスがあり、普段何気なくTポイントを貯めている方にとっては、口座を持っておくと面白いのではないでしょうか。

また、少額での投資、1株単位の「端株投資」も可能で、手数料は月間50万円までの取引なら月額200円(税別)となっています。

他のネット証券でも端株投資は可能なところはありますが、端株投資は手数料が割高で使いにくいところがありました。

SBIネオモバイル証券であれば、格安の定額手数料で端株投資が可能です。

僕は歴史的な安値圏で低迷している株をコツコツ買うときに、この証券会社で端株投資をしています。

注意点として、SBIネオモバイル証券は月額制をとっており、取引をしてもしなくても、月額最低200円(税別)はかかることです(サービス利用料に相当)。

長期間利用しない場合は「一時停止手続き」をすれば良いだけですが、一応注意しておきましょう。

ただし、月額200円からのサービスであるにも関わらず、毎月200ポイントのTポイントが付与されることから、損はありません。

仮想通貨の取引なら、ローラのCMで有名な「DMM Bitcoin」

こちらは「仮想通貨」ですが、DMM.comグループが運営しています。ローラが出てくるCMで有名ですね。

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin

取引できる通貨の種類が豊富であるほか、手数料がとにかく安く、日本円の入出金手数料が無料なのが嬉しいところです。

ビットコインなどの仮想通貨の安いところで仕込み、長期保有しながら、将来化けてくれるのを待っています。

今なら新規口座開設完了で、1,000円がもらえます

FX取引なら国内最大手の「DMM FX証券」

こちらはDMM.comグループのFX口座で、証券マン時代に為替にも興味を持ったことから開設しました。

FXを始めるなら≪DMM FX≫!

口座利用者数が国内最多の最大手らしく、初心者からデイトレーダーまで支持されており、高スペックな取引ツールがカッコいいです。

口座管理料や入出金手数料などの各種手数料が無料で、FX初心者向けの情報提供のほか、為替関連の情報配信も充実していることから、為替に少しでも興味があれば導入しておくと良いと思います。

今ら20,000円のキャッシュバックがやっています

ここまでのまとめ

以上、「元証券マンが退職後に利用しているネット証券(仮想通貨、FX)を紹介」でした。

僕が利用しているネット証券は、どれも口座の維持管理費である「口座管理料」が一切かかりません

ですので、初心者であればとりあえず口座を開設して、取引ツールをいろいろと触ってみるところからスタートしてみるのがおすすめです。

習うより慣れよ、です。

また、無料のセミナーなども開催されているほか、投資情報の取得ツールとしても利用できるため、取引をしなくても口座は持っておいて良いと思います。

初心者の第一歩としては、ネット証券で口座を開設した上で、セミナーなどに参加し、投資情報を入手しながら、株価が暴落する「ここぞ!」というタイミングで一気に買い付けるのが、おすすめの方法です。

<元証券マンが利用しているネット証券(仮想通貨、FX)>

相場見通しほか、無料株式セミナー随時開催中!マルサントレード

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

仮想通貨をはじめるなら、DMM Bitcoin

為替取引を始めるなら≪DMM FX≫

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました