【一台何役!?】音楽を聴けるだけじゃない多機能スピーカーAnker Soundcore Wakeyが便利でおすすめ(レビュー)

ライフハック

こんにちは、ソムタム(@somtam_aioimaak)です。

ずっとスマホの音楽が聴けるスピーカーを探していたのですが、悩みに悩んで決めたのが、これです。

その名も、我らがAnkerの「Soundcore Wakey」です。

Wakeyは見た目でもわかる通り、単なるスピーカーではありません。

正面にはデジタル時計、上部にはワイヤレス充電器が搭載されるなど、さまざまな便利機能がこの一台にギュッと詰まっています。

ありそうでなかった多機能スピーカー、「Wakey」の魅力をご紹介します。

Wakeyの見た目と大きさ

Wakeyの正面からの見た目は、こんな感じです。

iPhone SEの大きさと比較すると、こんな感じです。

iPhone SEをワイヤレス充電ポートに置いたところになりますが、iPhone SEよりも一回り大きいぐらいです。

世の中には大型のスピーカーもたくさんありますが、Wakeyは比較的コンパクトなタイプかと思います。

縦横の幅はちょうど良いのですが、奥行きが想像よりちょっとあるなという印象です。

電源ケーブルが背後から出てきますので、奥行きの少ない場所だと少し置きにくいかもしれません。

一台何役!?シンプルなのに多機能なWakeyの良いとこ!

それでは、Wakeyの良いところを順にご紹介します。

Wakeyの良いとこ①デジタル時計が前面に表示される

Wakerの特徴と言えば、スピーカーの前面に表示された「デジタル時計」です。

僕の一番のお気に入りポイントです。

シンプルながらLEDでくっきり表示されており、遠くからでも見やすいです。

リビングにWakeyを置いて、少し離れたキッチンから見ても、時計がちゃんと確認できます。

明るさは調整可能で、部屋の明るさに応じて自動的に調整される機能も搭載しています。

後に説明する「アプリ」で調整ができます。

LEDライトのオン/オフの切り替えと、明るさ調整の自動調整、もしくは手動での明るさ調整(5段階)がスマホで簡単に操作できます。

夜間モードを選択すれば、指定の時間帯にLED表示をオフにすることも可能です。

そのため、寝室にこのWakerを置いても、明るさが気になることはありません。

Wakeyの良いとこ②iPhoneやAirPodsをワイヤレス充電できる!

次にお気に入りなのは、Wakey上部にある「ワイヤレス充電器」です。

上部にある丸い充電ポートにiPhoneやAirPodsをポンと置くだけで、自動的に充電が始まる大変便利な機能です。

これまでずっと充電ケーブルしか使ってこなかったので、ワイヤレス充電器ってほんとに便利ですね。

iPhoneで音楽をかけて、スピーカーの上にiPhoneを置くだけで充電されるので、とても重宝しています。

長時間にわたって音楽を再生していると充電がなくなりがちですが、ワイヤレス充電器を搭載したこのWakeyなら安心です。

出力は、iPhoneで最大7.5W、SamsungのGalaxyで最大10Wとなっています。

Wakeyの良いとこ③USB接続にもちゃんと対応している!

Wakeyはワイヤレス充電器だけでなく、背面にはちゃんと「USBポート」も備えています。

USBポートは2つあるので、ワイヤレス充電と合わせて、スマホを同時に3台充電することができます。

iPhoneをワイヤレス充電しながら、USBポートでiPadを充電するなど、複数のガジェットを同時充電するのに重宝します。

家族や友人とスマホを同時充電したい時にシェアできるので、とても役立ちます。

Wakeyの良いとこ④FMラジオが聴ける!

Wakeyは、音楽だけでなく、「FMラジオ」も聴くことができます。

僕はあまりラジオを聞きませんが、人によっては嬉しい機能かと思います。

FMラジオを聴くには、背面に専用のアンテナを取り付けます。

ラジオの選局は、次で紹介する専用のアプリで操作する仕組みになっています。

Wakeyの良いとこ⑤アプリで直感操作が可能!

FMラジオの選局は、専用のアプリをダウンロードして、アプリ上で操作します。

お気に入りのラジオ局の登録や音量の調整など、非常に簡単で直感的な操作でできてしまいます。

Wakeyの良いとこ⑥アラーム機能だってある!

Wakeyはさらに、「アラーム機能」まで付いています。

複数のアラーム音から選んだり、お気に入りのFMラジオ局を選択することができます。

スヌーズ機能もあるので、二度寝対策にもなります。

このアラーム設定も専用のアプリで操作が可能です。

アラーム機能とは別に、「睡眠モード」の設定もアプリで可能です。

鳥の鳴き声や海のさざ波など、睡眠を促すヒーリングサウンドが10種類用意されています。

それぞれを組み合わせを調整することで、自分オリジナルのサウンドが作成できます。

Wakeyの良いとこ⑦耳障りが優しい心地よいサウンド!

肝心のスピーカー機能ですが、一言で言えば、「耳障りの優しい心地よいサウンド」を楽しむことができます。

Twitterには、第一印象として「ややこもって聞こえる」と書いてしまいましたが(Ankerさん、すみません)、使っているうちに感想は変わってきました。

iPhoneで聴き慣れていた音質よりも、音に奥行きがあって、バランスがよく、非常に耳障りが良いです。

普段はApple Musicでジャズをバッグミュージックに聴いてますが、Wakeyで聴くジャズはレコードで聴いているかのようで、とても心地が良いです。

もちろん、一台数万円もするような高額スピーカーに比べたら、重低音の迫力に物足りなさはあります。

この金額でこの大きさ、この機能であれば、十分満足の音質です。

Wakeyのここが残念:電源はACアダプターのみ

このように、良いところがたくさん詰まったWakey。

非常に満足しているのですが、残念なポイントが一点あることも、付け添えておきます。

それは、「電源がACアダプターのみ」であることです。

とてもコンパクトで使いやすいスピーカーなので、家の中でちょっと移動させて使いたい時に、ACアダプターごと移動しなければならないのは、やや面倒です。

バッテリー内蔵であったならと思うことがあります。

例えば、普段はリビングで使っているが、ちょっと寝室に移動させて寝るまでの間に音楽を聴きたい、などの使い方にはちょっと不向きです。

もちろん、置き場所や用途が決まっていれば、大丈夫かと思います。

僕の場合は、リビングに置きっぱなしなので、特に問題がありません。

スマホとBluetooth接続できるスピーカーはとても便利!

Wakeyに限らずの話になりますが、Bluetooth接続が可能なスピーカーは、使ってみると想像以上に便利です。

音楽の選択からボリュームの調整、再生・停止の選択まで、スマホ一台で全ての操作ができてしまうからです。

Bluetoothも意外と遠くまで届くので、スピーカーを離れた場所に置いていてもスマホで操作が可能です。

Bluetoothが届かなくて、イライラすることもなく、ノーストレレスです。

ただし、あまりにBluetoothがあまりに遠くまで届くため、何気なく再生した音楽が、離れた場所に置いてあるスピーカーから突如流れ出す事態もしばしば。

2階の寝室で変な動画を見始めたら、家族がいる1階のスピーカで突然音が流れ始める、などの恥ずかしいハプニングをしないよう、くれぐれも気を付けたいものです。

ここまでのまとめ:春からの新生活や贈り物にもピッタリなWakey

以上、コンパクトでありながら、時計やワイヤレス充電、アラームなど、さまざまな便利機能がギュッと詰まった「Anker Soundcore Wakey」を紹介しました。

iPhoneで聞くよりも大音量で音楽を再生できて、音質もとても良いため、お気に入りの音楽を心地よいサウンドで楽しめます。

Ankerといえば、最近、ノイズキャンセリング機能を搭載したワイヤレスイヤホンを発売するなど、高品質な商品をリーズナブルな価格で次々に発売するなど、今大注目のメーカーです。

Anker公式オンラインストア

コスパに優れた大容量モバイルバッテリーなど、Ankerは優れた製品をたくさんに出しています。

そうした安心・安定のAnkerが提供してくれる多機能スピーカー「Wakey」は大変おすすめです。

春からの新生活や家族や友人へのプレゼントにも良いかもしれませんね。

それでは、ソムタム(@somtam_aioimaak)でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました